【掲載】東京新聞

けさの東京新聞に装画を担当した書籍の広告が出ていたというので、デザイナーの臼井新太郎さんが写真を送ってくれました。

「装画・髙安恭ノ介」とぼくの名前も。
ありがたや!
そして、この作品を読んくれる人が増えたらうれしい。

【書籍装画】『非器の城』

新井勉 著『非器の城』 / 批評社

時代小説の装画を担当いたしました。
徳川綱吉を大胆なレイアウトで描いています。

帯のコピーの内容に合わせて、本人は舞い上がり、有頂天だが
側から見ると常軌を逸した印象になるよう意識しました。

装丁 |  臼井 新太郎